地域密着の呉市の弁護士として交通事故対応の一連の流れをしっかりナビゲート

お問い合わせはこちら 相続のご相談はこちら

呉市の弁護士・たおく法律事務所の強み

交通事故対応を法律のプロとしてしっかりと解決します

呉市の弁護士・たおく法律事務所の強み

交通事故に見舞われた場合は、まず警察へ届出を行い状況を把握するための実況見分を行ってもらいます。怪我をした場合はすぐに医療施設で診察を受け、主治医に現在の症状を詳しく伝えて、その内容を診断書に記載してもらうようにします。示談の際は加害者側の保険会社と交渉を行い、各項目において損害額を決めていきます。
案件をご依頼いただいた際は、そうした交通事故対応の一連の流れについて、法律のプロとしてお客様のお悩みを解決してまいります。


警察とのやり取りについてもお客様に分かりやすく説明

交通事故が発生した場合は、まず警察に通報するのがなにより先決です。怪我の程度が軽い場合は、交通事故の原因や状況を記録する実況見分が行われますが、怪我の程度が重く、入院した場合などは、退院後に事情聴取に対応する場合があります。警察への届出は、怪我を負った場合は「人身事故」、車両の破損や所持品の被害のみの場合は「物件事故」として届け出ます。尚、後遺障害の認定申請を後日行う場合は、警察が発行する人身事故証明書が必要になります。
そうした警察とのやり取りにおいても、ご不明点や疑問点がある場合はお客様に分かりやすく説明いたします。不慣れな専門用語を並べ立てることなく、事情の概要や必要になる手続きの要点などについてしっかりご理解いただけるように、かみ砕いてご説明いたしますので、理解があいまいなままトラブルの対応を進めることなく、余裕を持って諸事情に対処していただけます。

病院・主治医との対応における細かい注意点についても解説

交通事故で怪我を負った場合は、初診を早期に行い、診察の際に主治医に症状できるだけ詳細に説明し、内容を診断書に明記してもらうようにします。この診断書に明記されなかった症状は交通事故とは無縁のものとなりますので、主治医に正確に伝える必要があります。また交通事故で負った症状で、これ以上治療やリハビリを継続しても改善が見込めないという状態のことを「症状固定」と言い、症状が残った場合は後遺障害等級の認定申請を行います。完治した場合はそのまま示談交渉に入ります。後遺障害等級の認定申請を行う場合は、後遺障害診断書・診断書・診療報酬明細書や、MRI・CTなどの画像などの資料が必要となります。
こうした病院・主治医との対応のガイダンスや細かい注意点などについても、交通事故対応の専門家として、ご相談いただいたお客様にしっかりアドバイスしてまいります。

地域の皆様の交通事故対応に関するお悩みを解決

「街の法律の相談役」として、広島県呉市にて地元密着の弁護士事務所を営む中、地域の交通事故対応に注力した法律事務所を展開しています。弁護士事務所と聞くと一般の方の中には少し身構えてしまう方もいるのではと推測いたしますが、気軽にお声がけいただける事務所として地域の皆様のお悩みを解決することをサービス姿勢の基本としております。
交通事故対応において怪我を負った場合は医療機関で診断を受けることになりますが、その場合はできるだけ通いやすい病院などを選択して、診断を受けることをおすすめします。後遺障害等級の認定申請には診断書などの医療証明書・資料が必要となり、休業損害の請求の際は「通院日数」で算定する方法もあるので、近隣の医療施設の方がなにかと対応しやすくなります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。