交通事故による傷病の治療について,病院を変えるにはどうすればよいか|たおく法律事務所

お問い合わせはこちら 相続のご相談はこちら

交通事故による傷病の治療について,病院を変えるにはどうすればよいか|たおく法律事務所

交通事故による傷病の治療について,病院を変えるにはどうすればよいか|たおく法律事務所

2021/05/28

呉市で交通事故被害の救済に注力する弁護士の田奧です。今日は,依頼者さんから相談されることが多い内容のうち,通院している病院を変えるにはどうすればよいかをお話します。

【問題の所在】

 交通事故で怪我をした場合,最初は家の近くの病院に通っていたけど,職場の近くの病院に転院したい場合があります。
 また,仕事が終わってから通院するために,比較的遅い時間まで営業している病院に通院したい場合があります。
 そのよう場合に,保険会社の担当に話したところ,病院は変えられない,と言われてしまった依頼者さんが相当数いらっしゃいます。
 どうすれば,病院を変えることができるのでしょうか。

【対処法】

 私の経験上,原則として,弁護士が受任して,保険会社の担当に対し,転院したい旨と転院したい理由を伝えた場合,転院をすることができます。
 手順としては,元の病院に,転院したい理由を伝えて紹介状を書いてもらいます。
 保険会社に連絡して,転院先の病院に治療費の一括対応の連絡をしてもらい,送られてくる同意書に署名押印して送り返します。
 その後は,普通に通院するだけです。

 例外的に,容易には転院が認められないような例もあります。
 治療がほぼ終わりかけている時期になってから転院を希望するような場合や,転院先が病院ではなく接骨院であるような場合等がこれに該当します。
 これらの場合には,転院の必要性を適切に伝えて交渉をする必要があります。

【ポイント】

 弁護士に委任すれば,通院中の病院を変わりたい等の,通院時の問題も解決できる場合があります。
 治療期間中でも,弁護士に依頼した方が良い場合があります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。